CIRCUIT9 Vocal…     【穐田"C9"哲也】


by circuit9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スーパーロボット マッハバロン

先日、渋谷wwwという初めて行くライブハウスに「ROLLY」さんのLiveを観に行ってきました。

CIRCUIT9のギタリストあらケンがギタリストとしてサポートしているのです。


ROLLYさんは「すかんち」時代(ローリー寺西さん)から大ファンで、ずっと憧れ、目標であるシンガー、ミュージシャンのひとり。
「ミュージカル リボンの騎士」という舞台でも共演したこともあります。


そんな、僕にとって勝手にゆかりがあり、数えきれない程の影響を受けて来たROLLYさんのLive。
これまでも数回拝見させて頂いたのですが、今回も勿論最高だったのですが、一番強烈に印象に残ってしまったのは、「歌謡グラムロック・コーナー」で演奏された「スーパーロボット マッハバロン」のテーマ曲でした。


マッハバロンもこのテーマ曲も勿論知っていたのですが、何故か完全に記憶から消え去っていて、会場で聴いた時、なにか奇妙な、時空を超えたフラッシュバック感というか、一時的に自分が誰なのか分からなくなるというか、宙に浮いて行ってしまうような感じがして、とても気持ち悪くなりました(現にそれから片方の耳が小一時間おかしくなりました)。




帰宅して、YouTubeで「マッハバロン」をチェックしたところ、その歪んで始まる映像や、グラムサウンド、怪しくもポップな歌声、物騒な歌詞(子供向けTVで「君は蹂躙されて黙っているか」って…)などなど、ボクの大好物である日本の70年代がこれでもかと凝縮されていて、完全にノックアウトされ、リピート再生しまくりました。

作詞:阿久悠、作曲・編曲:井上忠夫(後の井上大輔)!
オマケにギターはCharという話も…(真偽はわかりませんが)。


ボクにとって「特撮名曲ベスト3」に確実に入りますね。
(因にあとの二つは「愛の戦士 レインボーマン」「帰って来たウルトラマン」ですかね。「ミラーマン」も捨てがたい)



途切れていた何かがまた繋がった、導通したような気持ちになりました…。






あんまりこういう話はマニアックなので、特に女子ウケが全くないので、控えるよう躾けされているのですが(誰に?)、今回は感極まってちょっとアツくなってしまいましたよ。


興味のある方は。
マッハバロンOPテーマ
f0088294_159427.jpg

[PR]
by circuit9 | 2011-10-04 14:58 | COLUMN